リトルハウスについて

リトルハウスは、2003年地域の家族会(はすね会)の支援を受け、志村坂上に無認可作業所として産声をあげました。

そして、2003年10月、都より認可を受け、新高島平に精神障害者共同作業所としてスタートを切りました。
2006年10月特定非営利活動法人となり、事業基盤を整え、2011年7月障害者自立支援法の就労継続B型事業所に移行し、現在に至っています。

リトルハウスの絆

娘の病気をきっかけにリトルハウスを立ち上げることになりました。
開所に至るまでに、たくさんの出会いと支援があります。

まず、高島平団地の人達です。保育園仲間から始まり、今に至るまでお付き合いをいただき、私達の作業所を支える核となっています。
友人の菅谷さんはNPO法人の理事長です。
そして田附さんはリトルハウスで毎週ボランティアに来ていただき、グループホームでサービス管理責任者をお引き受けいただきました。

現東洋大学白石教授との出会いほど大きな支えはありません。
精神医療とリハビリについて教えをいただき、いつも示唆を得ています。
先生の紹介を得て、幅広い専門家とのネットワークもできてきました。

我が娘の親戚のおばさんのような存在清水さんには、娘との付き合いから資金、情報に至るまで何もかもお世話いただいています。

リトルハウス通信

リトルハウス通信をお届けします。 ※PDFが別ウィンドウで開きます。

バックナンバーはこちら
Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerダウンロードページへ